セキュリティは?安心安全を確かめる

賃貸物件をネットで探す際の注意点

賃貸物件をネットで探す際には、まずは自分が住みたいエリアにある警察署のホームページや、その地域に住んでいる人たちの口コミサイトなどもチェックしましょう。
警察署のホームページには管内で起きた事件の発生数などが掲載されています。また、口コミサイトからは、商店街の賑やかさ、飲食店の数、子連れが多いなどの情報を得ることができるため、街全体の雰囲気を知ることができます。雰囲気がわかれば、ある程度、治安が良いのか悪いのかも想像することができますよね。

賃貸物件検索サイトは、希望のエリアや家賃、間取りをなどの条件を設定して検索できるのでとても便利です。でも、そこにある情報だけで、その物件のセキュリティ環境まで知るのは難しいことです。オートロックか、そうでないかの情報くらいは掲載されていますが、それだけで安全と決めつけてしまうのは危険すぎます。
物件だけでなく、住みたいエリアについて知ることも重要なのです。

賃貸物件を内見するときの注意点

内見した際に、まずチェックしたいのが鍵の状況です。意外に多いのが、表玄関がオートロックでも、建物裏側などから塀を越えて侵入できてしまうタイプのマンションやアパート。このタイプの賃貸物件は、多少の犯罪抑止力はあっても、オートロックの機能は果たしてないと考えた方がいいでしょう。
また、部屋の鍵が2重ロックになっているか、チェーンがちゃんと機能するかも確認しましょう。

さらに、必ずチェックしておきたいのがゴミ捨て場です。建物内にない場合も、自治体が回収に来る拠点を確認しましょう。ゴミ捨てマナーに関する注意書きだけでなく「マナーを守って!」などと手書きで書かれた貼り紙がやたらと貼ってある場合は、トラブルが頻繁に起きている可能性が高いです。