家賃はいくら?月々の値段に関して

収入と支出のバランスを考慮しよう

賃貸で暮らすことが決まったなら、希望の家賃を明らかにしておくことが大切です。なぜなら、生活費に占める家賃の割合が高くなると、家計が圧迫されるためです。経済的にゆとりのある賃貸ライフを送りたいなら、収入と支出のバランスを考えましょう。家賃を収入の3分の1以下に抑えることがコツです。定期的な収入があるならば、毎月の給与と比較して家賃を定めましょう。会社が住居手当を支給していると、家賃に回すことができますので、ワンランクアップの賃貸物件を選べます。自由業など、月々の収入が不安定な場合には、年間所得を参考にする方法が適しています。一年分の収入を計算して、12ヵ月で割った金額を出せば、理想的な家賃が分かります。

賃貸物件の家賃と条件を比較しよう

賃貸は物件の数が豊富ですから、じっくり見比べることがポイントです。ただし、賃貸物件の家賃は、条件によって変動しますから注意しましょう。築年数や間取り、最寄り駅の距離によって、家賃は大きく変わります。そのために、こだわりの条件を明確にしておけば、効率的に賃貸物件を探すことができます。さらに、地域性を考慮することも重要です。都市部は家賃が高額になることが多いので、気をつけましょう。単身暮らしに適したワンルームマンションは、3万円から5万円台の家賃が一般的です。セキュリティ対策がしっかりしている上に、最寄り駅から近距離の新築物件ならば、10万円台になるケースもあります。ファミリー向けの2LDKから3LDK以上の物件は、さらに家賃が上がります。